MENU

相談内容

現在大学生の女です

 

小さい頃から吃音持ちで、どもったり、話の途中に急に言葉が出なくなったり、中高ともにバスケの部活でキャプテンをやっていたのですが難発生吃音症?せいで、みんなに指示を送らなきゃいけない場面で詰まってしまい、みんなは何も言わなかったんですけど、多分多少変に思われていたのかもしれません。

 

それが今も続いていてすごい苦しくて…

 

そのせいでバイトもするのが怖くて、恥ずかしいのですが、大学2年生になる直前でやっと今年の2月からプールの監視員のバイトを始めました。

 

将来スポーツに関わる仕事に就きたいと考えており、そのためには吃音を少しでも克服したいと思ったし、このままだと社会に出て大変だと思い始めたのですが、ここでもやはり吃音が出てしまって…

 

休憩時間の直前、直後のアナウンスがあるんですけど、それが意味のわからない恐怖と緊張からで言葉が出ず、たまたま近くにいた先輩にお願いしてしまって、それが本当にショックで申し訳なさから家に帰ってみっともないのですが大泣きしてしまいました。

 

それを正直に上司の方に相談したら、「他の人に任せてもいいし、自分の言いやすい言葉に変えてもいいよ」と言ってくださり、とても励ましてくれて少し気が楽になりました。

 

それで、営業が終わったあとにアナウンスの練習をしたのですが、お客さんがいないとスラスラ読めるので、みんなに「全然できるじゃん!大丈夫大丈夫!」って言われるんですけど、心の中できっとお客さんがいたらこんなにうまくできない…とかマイナスばかり考えてしまい、言葉が出ずに失敗してしまうイメージが頭をよぎってしまい…、もうこんな自分が嫌なんです。

 

あと、プールサイドで監視している人と交代するときに「交代します」って言うんですけど、そんな簡単な言葉すら第一声が詰まって近くに言って止まってしまい、うっうっ…みたいな感じになってやっと言葉にできるって感じなんです

 

あとお客様に「こんにちは」「こんばんは」と挨拶するのも言いにくいです…

 

今までどもりそうな言葉はなんとか別の言葉に置き換えてきたのでそこまで気にすることはなかったのですが、バイトを始めてからもうそれが苦痛で苦しくて泣きたくなるほど悩んでいます。

 

わたしのメンタルが弱いのもあるのですが、病院とかそういう吃音に関する医療機関?など通った方がいいのでしょうか?

 

もしくは、少しでもよくなる方法があれば教えてください。

回答

吃音カウンセラーの三浦です。

 

 

『うっうっ…みたいな感じになってやっと言葉にできる』これを自分の中でリズムに変えて発声する練習してみるといいです。

 

 

あと、どもりは簡単に治ります。

 

 

20年以上、どもりに苦しみ続け、発語気管を鍛えるための様々なトレーニングをやっても治らなかった私でもたった1ヶ月ほどで治りました。

私がどもりを治した方法はコチラをクリック

 

 

以上、参考にしてください。