MENU

相談内容

吃音やどもりと、滑舌が悪いのは異なるのでしょうか?

 

わたしは中学生ぐらいから「ゴミ箱」と言いたくても言葉が出ないようになりました。

 

今は言いにくいですが、なんとか言えます。

 

いちばん困るのは教科書を音読するなど読み合わせのような場面です。

 

スラスラ行くときもあれば、自分でもどうしたんだろうというほどに、ガタガタの時があり、つっかえたり、特定の言い回しや、行に苦戦します。

 

周囲に人がいると、失敗を恐れて余計に読みづらくなり、苦痛です。

 

早く自分の番を終わらせようと高速で読もうとするので悪循環に陥っているのかもです。

 

最近はゆっくり読むことにもトライしてますが、ダメな時はダメなようです。

 

うまく言えない言葉の組み合わせもあり、意見したくても噛んだり、舌が回らないのを嫌い、喋れないことも多々あります。

 

どうすれば普通にしゃべれるようになるのでしょうか?

 

さすがに裸の大将みたくはなりません。

回答

吃音カウンセラーの三浦です。

 

 

吃音と、滑舌が悪いのは違うんですが境界線は?と聞かれるとはっきりしていないと思います。

 

 

どちらも言葉を発する怖さがつきまとってきます。

 

 

ただ、吃音は簡単に治ります。

 

 

20年以上、どもりに苦しみ続け、発語気管を鍛えるための様々なトレーニングをやっても治らなかった私でもたった1ヶ月ほどで治りました。

私がどもりを治した方法はコチラをクリック

 

 

以上、参考にしてください。