MENU

相談内容

私は、難発性の吃音で悩んでいます。

 

職場で一番歳下なので、みんなが買ってきたお土産の配布をよく頼まれます。

 

その際、○○さんからのお土産です、と言って配るのですが、私の課は40人いるので、○○さんからのお土産です、というのを40回言わなければなりません。

 

○○さんの名前が、言いにくい言葉から始まる場合は、毎回冷や汗が止まりません。

 

どうしても言葉が出ない時は、誰から!?と大きい声で聞かれたり、変な顔をされたりして、とても恥ずかしい思いをしました。

 

ちなみに、お土産を置いておく棚はなく、私が慣習を変えられる立場でもないので、必ず配らなければなりません。

 

また、配る前に○○さんからのお土産を置いておきます、とメールしてから無言で配っていったこともあったのですが、口で言えばいいだろう、と注意されました。

 

さらに、付箋に○○さんからです、と書いて貼って置いておくこともしたのですが、その際も、いちいち付箋なんて面倒くさいから口で言えばいいのに、と言われてしまいました。

 

ゆっくり言ってみる、お腹から声を出す、抑揚をつける、など一通り試しましたがダメでした。ネットの吃音治療などもいくつかやってみましたが、効果はありませんでした。

 

出張が多い課で、お土産配布が週に何回もあります。

 

電話や他の業務などは言い換えたりして対応可能なのですが、言い換えができない個人名を40回も言わなければならないことがとても苦痛です。

 

何か治す為にいい方法はないでしょうか?

回答

吃音カウンセラーの三浦です。

 

 

個人名を40回も言うのはどもりで悩む人にとっては苦痛ですね・・・

 

 

ただ、どもりは簡単に治ります。

 

 

20年以上、どもりに苦しみ続け、発語気管を鍛えるための様々なトレーニングをやっても治らなかった私でもたった1ヶ月ほどで治りました。

私がどもりを治した方法はコチラをクリック

 

 

以上、参考にしてください。